夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


若年性の更年期障害と生理不順

恐ろしいのが「生理があるうちはトップモデルではない」という暴言がまかり通る職場もあって、生理不順ではなく若年性の更年期障害になっている女性もいるそうです。
生理不順も実際は専門医にかかって治療を受けたほうが良いのですが、若年性の更年期障害と結び付かずに放置してしまう方のほうが多いそうです。
少し昔であれば生理不順は出産を終えれば治る、という意見もあったようですが、現代ではそれが非常に危険なことであり、後に待っているのが若年性の更年期障害なのです。
生理不順も若年性の更年期障害もホルモンバランスが著しく乱れている場合が多く見られるそうですから、気をつけたいものです。
最初は生理不順の症状が起こってきて「おかしいな」と思っているうちに若年性の更年期障害が起こってくることが非常に多いそうなのです。
特に生理周期が整っているはずの20代になっても生理不順に悩まされているなら、若年性の更年期障害のリスクも高いと考えるべきかもしれません。

若年性の更年期障害が起こる前に、本当になんとか避けるように努力しておきたいものですから、生理不順を甘く見てはいけません。
また生理不順の原因が何であるのかが分かれば、若年性の更年期障害が起こるかもしれないという可能性を認識しておくこともできます。
もしかすると現在、生理不順に悩まされていて、加えてそこから悪化してもっと深刻な症状を引き起こさなければ大丈夫ともいえるのが若年性の更年期障害です。
そのために生理不順でお悩みであれば、若年性の更年期障害の疑いも考えて、専門医の治療を受けておくほうがいいでしょう
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<若年性の更年期障害のホルモン治療 | BLOG TOP | 若年性の更年期障害のチェック方法>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。