夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


緩和ケアチームの活動

緩和ケアを実施することで、患者が前向きにがんとつきあえるようになり、納得できる医療が受けられるので、患者に希望と勇気を与えます。
しかし、緩和ケアチームは、日本の現状に沿って、がん患者を中心に対応するものとして、チームが作られているのです。
そして、依頼を受けることで、緩和ケアチームの担当者が病棟に赴いて、診察します。
緩和ケアチームは、主治医、担当看護師と協働することから、主治医、担当看護師が変わる心配はありません。
そのチームメンバーというのは、緩和ケア科の医師、神経科医師、がん性疼痛看護認定看護師、癌薬物療法認定薬剤師の4名を中心に構成されています。
そして緩和ケアチームの対象になるのは、患者や家族以外に、医療従事者も含むのです。
心のつらさや、病気の治療、病気の進行からくる苦痛な症状を和らげ、その人らしい療養生活を支援することに緩和ケアチームは尽力しています。
あるいは、本人、家族からのリクエストがあった際に、緩和ケアチームが活動することになっています。

緩和ケアというのは、がん患者だけでなくも、生命が脅かされる疾患を持つ患者全てがその対象になっています。
どのようにして発動されるかと言うと、まず、主治医から緩和ケアチームに対して、依頼が出されることになっています
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<緩和ケアとは | BLOG TOP | ステップ緩和ケアの方法>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。