夢のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


緩和ケア学会について

そんな中、緩和ケアの学会が、全国各地で開催される運びとなっています。

緩和ケアのオーストラリアでの学会は、登録や歓迎レセプションなども行われていて、日本から参加している人も少なくないようです。
また、緩和ケアの学会全体においては、5,000 人を超える大規模な学会になっています。
また、緩和ケアで、症状を軽くする点滴なども行い、不安などの心理的状態には、カウンセリングや心理療法などを施します。
中でも、癌拠点病院における緩和ケアの充実が義務付けられています。
学会の果たす役割は大きく、今後、緩和ケアがより状実して発展していくための重要なカギを握っていると言ってもいいでしょう。
そして、緩和ケアは、近く、オーストラリでも開催が決定していて、メルボルンで行われることになっています。
施設における緩和ケアについては、さらに2つに分けることができ、それは、国の承認基準を得た、病棟におけるケアです。
大学では、緩和ケアの学会休暇が取れるようになっていて、積極的に参加する人も増えています。
それぞれの委員会から、緩和ケアに関する演題発表が盛んに行われていて盛況です。
こうした緩和ケアを受けられる場所は、主に、施設と自宅に分けられます。
学会では、緩和ケアのこうした日本の現状に鑑み、有名病院の医長が講演していて、大きな反響を呼びました
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<緩和ケアの診療加算 | BLOG TOP | 緩和ケアとは>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。