夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


緩和ケアの定義

緩和ケアというのは、生命を脅かす疾患に直面する患者及び家族に、疾患の痛みや身体的問題などをしっかりとサポートしてくれる医療です。
そして、一般社会における、緩和ケアに対する関心は、70年代にはじめて高まったとされています。
そして、障害にならないように、予防や対処をすることが、緩和ケアの目的でもあります。
緩和ケアは、痛みや苦痛を伴う症状から解放してくれるもので、生命を尊重して、死を自然の過程と認めるという見地にあるものです。
また、家族が、患者の病気や死別後の生活に適応できるようサポートするのも、緩和ケアの目的でもあるのです。

緩和ケアは、治癒を目指す治療が絶対的に有効なものではなく、患者に対する全人的なケアこそが最良とするものです。
世界的な緩和ケアの定義は、WHOで定義されている言葉が一般的とされています。
痛みや不快な身体症状のつらさを和らげるだけが、緩和ケアの目的ではなく、心理的苦痛などを解決してくれるものです。
そして、一方で、オーストラリアでの緩和ケアの定義というものが存在しています。
欧米に比べると、日本の緩和ケアの現状に近く、日本の経験とそのまま同時並行のような印象をぬぐえないものです。
すなわち、緩和ケアの根本的な目標は、患者と家族に対して、良好な生活の質を実現させてあげることにあるのです
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<緩和ケアの認定看護師 | BLOG TOP | 緩和ケアの診療加算>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。