夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


緩和ケア病棟の特徴

緩和ケアは、最近、広がりを見せていて、ホスピスや病棟のみならず、一般病院、在宅などでも受けられるようになってきたのです。
中でも、診療所や訪問看護ステーションなどが、緩和ケアを取り入れつつあります。

緩和ケアを実施してるところも最近では多く、医師や看護師、薬剤師やソーシャルワーカー、また、ボランティアなどがチーム一体となって、支援しているところもあります。
そして、入院中の患者を支える、緩和ケアチームの設置が、広く要求されています。
そして、もう1つの方法は、緩和ケアチームでの診療ということになり、方法としては、2つの方法があることになります。
病院では、緩和ケアチームが設置されている場合もあり、在宅においても、訪問医療による形式で、積極的に取り入れているところともあるようです。
一般的に、緩和ケア病棟というのは、ホスピスと言う風に呼ばれることがあるので、聞いたことがある人も多いでしょう。
そのため、ホスピスと呼ばれている治療やケアの内容は、緩和ケアと大きな違いはないのです。
ホスピスや緩和ケア病棟においては、心身の辛い症状、苦しみを和らげることはとても大切な治療なのです。
もちろん、個々の患者さんでの受け入れは、各施設で異なるので、相談すべきです。
今、ほとんどのホスピスや緩和ケア病棟では、音楽や様々な行事を楽しめる、デイルームが用意されています。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<癌の緩和ケア | BLOG TOP | 緩和ケアの認定看護師>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。