夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


癌の緩和ケア

世界保健機関においては、緩和ケアは、がんが進行した時だけでなく、がんと診断された早期の段階から、がんの治療と並行して実施すべきものであるとされています。
末期の癌患者の8割は、非常に強い痛みを伴うと言われており、そんな時緩和ケアは、とても心強い支えになるのです。
それは、食べられなくなってから、輸液というのは、患者のQOLを大きく低下させるからです。
癌そのものの治療が難しい場合でも、緩和ケアは、それぞれの患者の生活が維持できるので、患者にとってはとても安心できるものです。
癌の痛みが強く、不安が大きいと、癌の治療そのものが辛くなるので、緩和ケアの役割は非常に大きいのです。
癌患者は、通常、鎮静剤などによって痛みを抑えたり、放射線によって、神経伝達を抑制したりしているので、緩和ケアはとても有効なのです。
緩和ケアは、患者や家族にとって大事な生活の質である、クオリティ・オブ・ライフを達成することが目標になります。

緩和ケアは、癌のつらさを緩和しながら治療を行うことができるので、とても有益な医療なのです。
癌の告知を受けた場合、将来を悲観したりするケースが多く、精神的に不安定な状態になることが多いので、そのままでは、癌の治療効果が低下するのです。
しかし、緩和ケアというのは、癌そのものの治療ではないので、注意が必要です。
そうしたことから、緩和ケアは、癌自体の治療と並行して、とても大切なのです
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<在宅緩和ケアのメリット | BLOG TOP | 緩和ケア病棟の特徴>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。