夢のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


在宅緩和ケアのメリット

在宅緩和ケア緩和ケアのメリットと言えば、やはり、自分のペースを守れること、家族と過ごせる、などでしょう。
そんな中、在宅緩和ケアというものがあり、これは、医療機関ではなく、自宅など、患者望む場所で受けることができるというものです。は、とても有効な措置とも言えるのです。
要するに、相互の利点を融合させて、活用することで、より効果的な在宅緩和ケアを実現することができるのです。
そのため、急な体調の変化があった時、施設の場合に比べると、時間がかかって遅くなることが想定されます。
しかし、一方で、病状の急変に迅速に対応できない、護負担が大きくなる、などのデメリットが、在宅緩和ケアにはあります。
患者の意思や状態、並びに、患者を取巻く周囲の環境などに対応して、施設、在宅緩和ケアの両方のメリットを生かしながら、上手く選択することを心がけることです。
在宅緩和ケアケアで頂けないのは、医療スタッフがそばにいないというのが痛い点になります。

緩和ケアは、在宅で行う場合、患者の住み慣れた環境で、家族や友人と共に自由な時間が過ごせる利点があります。
そして、施設在宅緩和ケアでのメリット、デメリットは、在宅の場合の逆と考えてよいでしょう。
そして、施設緩和ケアでは、家庭的な雰囲気を与えるため、キッチンや風呂などの設備も充実しています。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<原発 性 肺 高血圧 症vsアトピー | BLOG TOP | 癌の緩和ケア>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。