夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ナイアシンと統合失調症

ナイアシンというビタミンの一種を用いたナイアシン療法という医学療法があります。
ナイアシンというのは、ニコチン酸とニコチンアミドの総称ですが、タバコに含まれているニコチンとは全く異なる物質です。
ナイアシンと呼ばれるニコチンは、私たちの体には必要不可欠な栄養素で、糖質や脂質を燃焼させてエネルギーに変える代謝の元となっています。

ナイアシンはビタミンですから、特別怖い物質ではありませんが、ナイアシンの過剰摂取は、様々な副作用を招くと言われています。
そして、このナイアシンが不足すると、精神状態にも様々な支障を来します。
でも、実際にナイアシン療法でうつ病や統合失調症を改善させたという人は少なくありません。
実際問題、統合失調症は、一度発症すると、うつ病のように完治が難しく、高血圧などと同様、一生つきあわなければならない事が多いと言われています。
ただし、薬でコントロールする事が比較的安易な病気でもあるんです。
なので、糖尿病の人のインスリンと同じように、一生ナイアシンを補充し続けている人も少なくないそうです。
なのに、何故、ナイアシン療法が、つい最近まで普及しなかったんでしょうね。
何故なら、自律神経のコントロールにも大きく関わっている栄養素だからです。
ただ、食生活が欧米化してきた昨今、やはりナイアシンのバランス調整も欧米並に難しくなって来ているのかも知れませんね。
そこで、ナイアシンを中心とした栄養補給療法が活躍するという訳なんですね。
まだ、日本では余り知られていないかも知れませんが、アメリカではとてもポピュラーな施術なんですよ。
ニコチン酸とはビタミンB3の事で、ニコチンアミドとはビタミンB4の事です
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<ナイアシン療法の内容 | BLOG TOP | ナイアシンを含む食品>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。