夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ナイアシン療法の内容

そう思って、健康関連や心療関連のブログやサイトで、ナイアシン療法について、もっか猛勉強中の親不孝娘です。
と言う事は、それほどナイアシンの過剰摂取等による副作用は、気にする必要もないのでしょうか。
実際に統合失調症だったお兄様が早期で非常にいい形に回復されたという事でね。
だとしたら、例えもしかしたら本当は鬱病なんかじゃなく、疲労がたまっているだけでも、それなりに効果はあるのではないだろうかと思います。
苦しんでいる今でもきちんとドクターにお世話になろうとはしないものですから、ナイアシン療法なら自宅でも出来るのではないかと思ってね。
こんな事、掛かり付け医に相談すればいい事だと思われるかと思いますが、うちの父は大の医者嫌い。
今までは男のくせに変な親父だと思っていましたが、ナイアシンの効能を知った今となっては、そのおかしな性格を利用し泣いてはないんじゃないかなぁっと思ってはいます。
だけど、ナイアシンの一日の摂取量には上限があって、取りすぎても良くないと言われていますよね。
統合失調症に効果を発揮すると言われるナイアシン療法が、本当に鬱病の患者さんにも効くのでしょうか。
実は今、軽い鬱病で悩んでいる父に、ナイアシン療法を勧めて下さっている方がいらっしゃるんです。
と言う事は、どうやら、鬱病の治療に用いても構わないのは構わないようです。
ナイアシンに関する説明を読んでいると、その効能の中には、鬱病も記載されていました。
で、調べてみたら、確かにナイアシン療法というのは存在していて、特に欧米ではかなりポピュラーな心療内科の施術の一つのようなんですよね。
だけど、あの頑固な父を説得するためには、私自身の知識が絶対的に必要。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<原発性 肺 高血圧症とは | BLOG TOP | ナイアシンと統合失調症>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。