夢のブログ

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


原発性 肺 高血圧症のカテーテル検査

そして、完全に原発性 肺 高血圧症であると診断された場合、これがとても厳しい病気であることを同時に認識する事となります。
まだ、未確定であり、原発性 肺 高血圧症かどうかは分からないという方ならば、この病気の症例に当てはまるかどうか調べてください。
原発性 肺 高血圧症自体、とても珍しい病気であり、かかる人は100万人に1人というレベルのものです。
他の方法でも、原発性 肺 高血圧症であるかどうかという検査をすることは可能となっているのです。原発性 肺 高血圧症にかかっているのではないか、すでにこの病気になっているという方は、これからどうすれば良いでしょう。
そして、この検査の内容ですが、細い管を心臓の中に入れ、血圧を測っていき、それが20mmHgを越えると、原発性 肺 高血圧症の可能性となります。
つまり、この検査のみで、原発性 肺 高血圧症であるという診断を下す事は、出来ないという事なのです。
肺高血圧症は、もともと肺に機能障害があり、それがもとで発症する肺気腫や血栓等の病気に関わるものであり、それ以外は原発性 肺 高血圧症と分類されます。

原発性 肺 高血圧症は、こうした原因のハッキリとしている肺高血圧症以外のものを、指す言葉だと考えても良いのではないでしょうか。
心臓に細い管をいれるという検査ですから、躊躇してしまう所も大いにあると思いますので、原発性 肺 高血圧症の検査の時に、カテーテル以外の検査を聞いてみるのも良いでしょう。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<原発性 肺 高血圧症と遺伝子検査 | BLOG TOP | 原発性 肺 高血圧症とPGI2>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。