夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


手掌多汗症の塩化アルミニウム治療薬

手掌多汗症の治療法には様々な方法がありますが、制汗剤として代表的な治療法が、塩化アルミニウムになります。
市販品で、塩化アルミニウムを含む制汗剤としては、テノール液、オドレミン、エキシウクリーム、などがよくある制汗剤です。
塩化アルミニウムというのは、病院でも使用されている手掌多汗症の治療薬です。
手掌多汗症のために、病院で処方される塩化アルミニウム水溶液も有名です。

手掌多汗症の塩化アルミニウムの使用を止めると、すぐに汗は復活してしまいます。
そうなると、汗をずっと止めようと思えば、塩化アルミニウムを永遠に使用し続ける必要があります。
とにかく汗が止まるだけでもいいと言う人には、塩化アルミニウムは重宝するでしょう。
就寝中は、手のひらは使用することはないので、手掌多汗症の場合は、特に寝る前がおすすめです。
最近では、手掌多汗症に悩む多くの人たちのために、市販の薬局でも販売しているようで、手軽に試すことができておすすめです。
塩化アルミニウムは、手掌多汗症の皮膚に直接塗布することで、汗を止めようとするものですが、その症状自体を治療するものではなく、一時的に汗を止めるだけなのです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<手掌多汗症の漢方治療法 | BLOG TOP | 手掌多汗症の遺伝可能性>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。