夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


手掌多汗症の手術

ETSによって、手掌多汗症のほとんどの症状が改善されると評判になっています。
そうしたかなりの重症なレベルの人が手術を受ける人の大半のようです。
手掌多汗症の手術は、じっくり考えて対処し、最後の砦であることを認識しましょう。
しかし注意しなければならないのは、ETSでは、かなり副作用があるということです。
手掌多汗症にかかる人は、一般的に交感神経が敏感であることが指摘されており、手術では、その交感神経を切除する方法で汗を止めることになります。
もっとも手掌多汗症の手術を受けた場合、もう元に戻すことはできないので、そうしたことも手術を受ける人は十分に考える必要があります。
こうした作用を代償性発汗と言い、これが重大な副作用の1つとなって表れてくるのです。
ETSによる手術は、あくまで最終手段として考えるのが適切で、一度切除した交感神経は決して元には戻らないことを頭に入れておきましょう。
一般的に、手掌多汗症の治療は薬などに頼って改善する人が多いようですが、やはり、重症の人になると、手術に頼らざるを得ないようです。
手掌多汗症は、アメリカでは100人に1人、日本では200人に1人と言われています。
手掌多汗症の手術を受ける人のレベルは、明らかに目で見えるほどの汗を掌にかく人、ペンを握っているとノートが濡れる人、仕事中、書類が汗で濡れる人などです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<手掌多汗症の病院治療 | BLOG TOP | 手掌多汗症の治療法>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。