夢のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


適応障害の原因

また、適応障害もストレスに耐えきれない事から発症する心の病気ですからね、その原因が自分の弱さにあると思い混んでしまわれる方も少なくないようですね。
そして、どんどんどんどん症状を悪化させて行かれる訳ですが、それは非常に良くない捉え方だと思われます。

適応障害は、周囲の環境の中にその原因となるストレス因子を含んでいる事が圧倒的多数、いや、100パーセントだと言っても過言ではないでしょうね。
という事で、この適応障害が蔓延している今、関連のブログやサイトでその原因となるストレス因子について一度じっくり考える必要があるのではないかと私は思います。
つまり、その環境に適応出来ないために様々な不定愁訴に見舞われるという原理。
鬱病の患者さんの中には、外的ストレスではなく、内的ストレスを原因としておられる方も少なくありませんからね。
結果、その努力が原因で適応障害の患者数が増加しているものと予測出来ます。
その証拠に、適応障害の患者さんの大多数が頑張り屋さんであって、これは鬱病との大きな違いなんですよね。
むしろ、必死に調和を取らなければと頑張る事がストレスになって適応障害を発症してしまっている可能性の方が高いんですね。
それに、原因が自分にあると決めつけ、一人で勝手に落ち込むという症状は、適応障害よりむしろ、鬱病に近い症状ではないかと私は思いますよ。
結果、それが原因で適応障害を発症してしまうというのは、誰にも起こり得る事だという事をまずは知っておきましょう
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<適応障害の症状 | BLOG TOP | 適応障害とは>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。