夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


適応障害の症状

また、鬱病かどうかもしっかりと判断してもらい、適切な治療を受けられるように心がけたいものです。

適応障害の典型的症状としては、所謂不定愁訴の連発で、確かに鬱病に非常によく似ています。
ただ、常にどこででも症状が出るのが鬱病なのに対し、ある程度特定の環境の中で症状が出るのが適応障害だとでも捕らえておきましょうか。
ただ、一社会人として生きている以上、環境や人間関係を変えるという事自体が結構難しく、適応障害の症状も中々収まらないという現実があるんですよね。
しかし、ストレス要因となっている環境に少しでも触れれば、たちまち抑鬱状態や大きな不安などの症状に見舞われるのが適応障害。
まあね、専門医に言わせれば自らの精神が不安定になって様々な症状を発症するのが鬱病だったり不安障害だったりするそうですからね。
ただ、そのストレス因子となっている環境や人間関係さえ断ち切れば、多くの適応障害の症状は改善されます。

適応障害というのは、今のご時世、いつ、誰が発症してもおかしくない病気だと言われていますからね、もしかしてと思うような症状があれば、要注意なのかも知れません。
そして、それが適応障害の症状だと判明したら、決して無理をせず、冷静に環境の変化を考える事が大切です。
という事で、適応障害の症状を今一度、関連のブログやサイトでチェックしてみましょう
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<適応障害の診断基準 | BLOG TOP | 適応障害の原因>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。