夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


適応障害の診断基準

とにかくとても細かな分析をしないと判明しない事もしばしばで、結果、鬱病に分類されてしまう事も出て来てしまう訳です。
そのため、その微妙な動きの中に適応障害の要因となるストレス因子が含まれている可能性は低くないのですが、その診断基準は実に難しいんですよね。

適応障害の症状は鬱病や統合失調症に非常によく似ていますから、その診断基準と照らし合わせて判断する事が重要なポイントになっています。
そうなって来ると、これは自らの心の中にストレス因子が潜んでいる鬱病ではないかという診断基準になり、適応障害だとは中々判断されない訳です。
鬱病でもない、不安障害でもない、パニック障害でもないストレス性の精神疾患、それが適応障害なのであります。
とは言え、ストレス性の精神疾患において、鬱状態や不安感を伴わない事はめったにありません。
しかし、その要因を特定する事により適応障害である事が分かるとして、その部分を診断基準にしているドクターも多いようです。
ただ、私たちの日々の生活というのは、一見穏やかに見えても、かなりの高頻度で微妙な変化や変動を繰り返しているものです。適応障害は日本では比較的最近耳にするようになった精神疾患かと思われますが、海外では昔から非常にオーソドックスなものでした。
ずっと同じ家に同じ家族と暮らし、同じ職場で同じ同僚と働いていたとすれば、取り敢えず大きな環境の変化はなかったと見なせるでしょう。
ですから、そうした鬱病や統合失調症がない状態で情緒不安定なのであって、初めて適応障害と見なすというのが診断基準のようですね。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<適応障害の対処法 | BLOG TOP | 適応障害の症状>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。