夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


適応障害チェック

因みに、発症から3ヶ月もすれば、かなり適応障害の兆候が見え始めていますからね、自分でチェックする事も十分可能だと思いますよ。

適応障害の診断は、専門医でも非常に難しく、事細かにチェックして行って、ようやく明らかにするというのが一般的です。
ただし、鬱病や不安障害のチェックと必ず平行して行なう事がポイント。
なので、こうした複数の精神疾患のチェックをし、適応障害以外の患者さんには見られない症状が複数あるかどうかがポイントなのです。
鬱病や統合失調症ではなく適応障害である可能性が高く、気合いを入れてチェックするべきでしょう。
そう、誰もがいつ発症しても不思議ではないのが適応障害、普段から関連のブログやサイトでこまめにチェックしておいても決して無駄ではないのです。
という事で、自分でチェックする場合も同様に、複数の精神疾患のチェックをいろいろやってみられるといいでしょう。
勿論、自覚症状があってもなくても一度チェックする事が必要になって来るものと思われますね。
また、例え自分の環境は変化なくても、そこに新しい人が入って来たりした事が原因で適応障害を発症する事もあるので、その辺もチェックしたいところですね。適応障害というのは、知らず知らずの間に発症してしまっている事が多いので、早めに自分でチェックする事が大切です。
因みに、適応障害や鬱病、あるいは統合失調症などのチェックポイントは、インターネット上にリストにしたものが多数掲載されていますよ
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<適応障害 | BLOG TOP | 適応障害の対処法>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。