夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


大豆イソフラボン

大豆イソフラボンという言葉をよく耳にしますが、一体何だろう。
でね、ゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインの3種類の非配糖体を大豆イソフラボンアグリコンと呼ぶ裸身ですよ。
いざ、大豆イソフラボンとはという質問をされたら、咄嗟に回答出来ない事も十分考えられますよね。
って、当たり前なんだけど、その中には、ゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインの3種類の非配糖体に加え、それぞれの配糖体のアセチル化体とマロニル化体があるんだって。
と言われてもよく解らないだろうと思いますよ、書いてる私がよく解ってないんだもん。
でね、イソフラボンというのは、主に大豆の胚芽に沢山含まれているフラボノイドの一種だから、大豆イソフラボンっていうようです。
特に女性の場合は乳癌の予防にもなるらしいし、貧血とかにもいいみたいなので、ちゃんと摂取する事は大事みたいですね。
健康食品を取り入れるに当たって、大事なのは正しく摂取する事で、成分分析する事じゃないですもんね。
だから、どうなのっていう事は、目下勉強中ですから、又、少しずつこのブログにもアップして行きたいと思っています。
大豆イソフラボンアグリコンは、当然の事ながら、味噌や納豆などの大豆発酵食品中には沢山含まれています。
健康食品というのは、何となく口コミで関心を持って、ついつい手を出してしまう事も多くないですか。
だから、大豆イソフラボンそのものを学習するのはやめる事にしました。
だけど、大豆イソフラボンの取り過ぎも良くないという話もあるし、やっぱみんな自分でブログやサイトを見て、少し勉強した方がいいかも知れませんね
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<大豆イソフラボンとカプサイシン | BLOG TOP | 玄米 酵素の弊害>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。