夢のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


アルコール代謝の低下

代謝の中には、色々な機能を持つものがありますが、宴会や飲み会の付き合いが多い社会人の方は、このような言葉をよく知っているでしょう。
アルコール代謝という言葉は酒飲みの方やお酒の付き合いを良く行なっているような方であれば聞いた事があるのではないでしょうか。
例えば分解する場所の代謝機能が低下してしまっていると、分解が上手くいかない場合があります。
まず代謝の働きですが、アルコールを口に入れて飲み干すと、その成分は胃や小腸に多くの部分が吸収されていきます。
吸収されたアルコールが血液に溶けていき、初めに肝臓へと移動していくのですが、ここまでが代謝の役割ではありません。
要するに、代謝は身体のどこでも働いているということが皆さんにも理解して頂けたかと思います。
簡単に説明すれば、体調が悪いときにアルコールを摂取すれば、代謝は働いてくれないよという事です。
またアルコール代謝の働きを知っていないと、生命にも関わってくる可能性は充分にありますので、理解してほしいと思います。
代謝が機能せず分解がうまくいかないと、アルコールが体中にしみこむ量が多くなってしまいますね。
しかしこのアルコールを代謝する機能が著しく低下した状態でアルコールの摂取をしてしまうとどうなるでしょうか。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<代謝異常と糖尿病 | BLOG TOP | 糖代謝と糖尿病>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。