夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


禁煙方法と禁断症状

そのため、こうした禁断症状は、禁煙方法によって上手くコントロールしてやる必要があります。
禁煙中は、色んな症状が出てくるケースがあるようで、禁煙方法によっては、目がかすんだり、頭がボーっとするなどの症状が起こることもあります。
禁断症状というのは、禁煙方法で成功した人にも現れる症状なので、あまり神経質になる必要はありません。
禁煙方法が悪いのではなく、これまでの喫煙が悪かったということを認識すべきなのです。
そして、禁煙を行う際には、水分を大目にとるように工夫して、禁断症状を乗り切ることです。

禁煙方法は、禁断症状を鎮めるのには必要不可欠のものですが、始めてから5日目くらいになると、体もかなり楽になってきます。禁煙方法には、色々なものがあって、最近ではその種類も多彩になってきていますが、やっかいなのが、禁断症状です。
禁煙方法によって生じる禁断症状というのは、大体、禁煙してから2~3日で現れるようです。
また、禁断症状が酷くなると、唾液の分泌過多や、立ちくらみ、めまいや手足のしびれ、腹感や吐き気など、重症の症状が出てくるので、早急の禁煙方法が求められます。
そして、5日目を過ぎる頃には、自信のようなものも出てくるので、次第にタバコを吸わないことが楽しめるようになります。
もちろん、まだまだ難関はありますが、自分に合った禁煙方法により、少しずつ健康を取り戻していくという気楽なスタンスで取り組むことです
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<セラピーによる禁煙方法 | BLOG TOP | 禁煙外来での禁煙方法>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。