夢のブログ

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


小児ぜんそくとは

時より、激しい運動をしたり興奮したりすると発作が出やすくなるとおっしゃる親御さんがいらっしゃいます。
て、そんなの当たり前じゃないかって言われちゃうかも知れませんが、それがとっても大事な事なんですよ。
ただし、花粉や動物の毛などが原因で小児ぜんそくが起こる事もしばしばですから、その場合は、いくら澄んだ空気の地域でも、発作が起こらないとは限らないでしょう。
これは実際に小児ぜんそくの子供を成人まで育てた親の経験から、声を大にして言わせていただきたいですね。
そもそもぜんそくというのは、一種のアレルギー反応で、花粉症などと同じ、いつ、誰がなっても不思議ではない病気です。
粘膜が炎症を起こすと、当然、空気の通り道が急激に狭くなりますから、呼吸困難に陥り、ゼーゼー激しい息づかいを繰り返したり、咳が止まらなくなったりするんですね。

小児ぜんそくは、空気の通り道となる機関誌にアレルギーの要因となる物質が入り込み、その粘膜に炎症を起こすのが原因で発症する病気です。小児ぜんそくはあくまでも小児、つまり小さな子供の病気です。
実際、小児ぜんそく持ちだったうちの息子にもそういう現象がよく見られました。
ですので、やはりいち早く、ぜんそくの要因となるアレルギー物質を特定するためにも、適切な検査を受け、適切な対応を検討される事は大事だろうと思います。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<小児ぜんそくのガイドライン | BLOG TOP | ボトックス治療の副作用>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。