夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


小児ぜんそくのガイドライン

そこで、小児ぜんそくのガイドラインでは、2歳までの乳児と、2歳から15歳までの小児とに分けて目安や対応を定めています。
そして、それが落ち着くのが大体15歳位、即ち高校生になる頃だというのがガイドラインによる見解のようですね。
そして、それと同時に、関連のブログやサイトから、小児ぜんそくに関する情報もいろいろと集められるといいでしょうね。
やはり皆さん、ガイドラインでいう中発作の段階になって慌てられるというケースが一般的なようです。
でも、今はさらに便利になって、インターネット上から簡単に小児ぜんそくのガイドラインがダウンロード出来るんですよね。

小児ぜんそくのガイドラインでは、家庭内や学校などで発作を発症した時のレベルを、小発作・中発作・大発作の3段階に区分しています。
という事で、子供が発作を発症した際、そのレベルもガイドラインによってしっかりと定められていますね。
まあもっとも、私なんかは、穴が空くほど読み返し、徹底的に頭に叩き込んだつもりでしたが、それでも、いざ子供の発作が出ると、どうしてもあたふたしてしまいました。
一度小児ぜんそくのガイドラインをじっくり読んでみる事は大切だろうと思いますね。
そのため、無理に完治を目指すのではなく、まずは症状のコントロールを上手にするというのが小児ぜんそくのガイドラインの基本です。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<小児ぜんそくでの入院 | BLOG TOP | 小児ぜんそくとは>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。