夢のブログ

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


小児ぜんそくでの入院

小児ぜんそくで入院治療が必要になる基準は、病院によって少しずつ異なるようです。
小発作がたまに起こるくらいの軽度の小児ぜんそくであれば、家庭で医師に処方された薬を与えたり、吸入器を使うことで対処できます。
また、小児ぜんそくを引き起こす要因が分かれば、日常生活の中でその要因を排除する対策をとることで発作が起こるのをある程度予防することができます。
小児ぜんそくの重症度にもよりますが、1日に数回点滴を受けることになりますので、じっとしていることのできない小さな子供には辛い日々になりますね。
そうなると家計にかなりの負担になりますので、ぜんそく認定を早めに受けて、国や地方自治体の補助を利用したいですね。
小児ぜんそくの症状が悪化して、日常生活に支障をきたすようになったら、入院治療を進められるのが一般的です。
点滴と飲み薬で小児ぜんそくの症状が落ち着いてきたら、徐々に点滴の頻度を減らしていき、最終的に点滴なしでも発作が出なくなったら退院が検討されます。
気になる小児ぜんそくの入院費用ですが、3日の入院で4、5万円、8日で10万円前後と決して安いとは言えませんよね。
でも、我が子の命には代えられないというのが小児ぜんそくを持つ親心。
大発作の治療を受けて1時間後に改善が見られない場合、小児ぜんそくの発作で入院した経験がある場合や、通院が困難な場合には入院を勧められるのが一般的です。
小児ぜんそくの入院治療費に苦しむ前に、発症したらすぐに補助や保険について調べて置くようにしたいですね
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<小児ぜんそくと生活環境 | BLOG TOP | 小児ぜんそくのガイドライン>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。