夢のブログ

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


小児ぜんそくの完治

小児ぜんそくは、発作の原因がダニやハウスダスト、花粉、タバコの煙やストレスと日常生活で切っても切れないものばかりなので、予防対策するのも大変ですよね。
いずれにしても、小児ぜんそくを完治するためには、その家族の努力は欠かせません。
特にダニが小児ぜんそくのアレルゲンの場合には寝具をこまめに洗う必要がありますが、寝具を洗うのはなかなか大変。

小児ぜんそくの多くは、小学校入学頃には症状が落ち着いてくるようです。
そして、小学校を卒業する12歳から13歳頃には小児ぜんそくの発作が全くなくなるか、ほとんど出なくなるといいます。
いろいろなサイトやブログで小児ぜんそくが完治した人の経験談などを参考にして、発作の起きにくい生活ができるよう工夫したいですね。
15歳から16歳頃になっても小児ぜんそくの発作が出る場合には大人になってからも喘息持ちであることが多いようですが、大人になってから治ることもあるんです。
そんな周囲の目がきになって、ますますストレスが溜まりますよね。
完治した家庭では小児ぜんそくに一番多く見られるアレルゲンであるダニやハウスダスト対策はしっかりと行っています。
季節の変わり目対策としては、冬場の乾燥する時期には加湿器を取り付けたり、温度差にはエアコンのタイマーを活用したという人もいます
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<小児ぜんそくの発作 | BLOG TOP | 小児ぜんそくと生活環境>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。