夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


膀胱炎の放置は危険

膀胱炎はその殆どが急性のもので、比較的容易に罹るかわり、実に容易に治るというのが一つの大きな特徴です。

膀胱炎は女性なら多くの方が発症する病気で、確かに風邪のように、抗生物質の服用などにより、1週間もすれば完治します。
しかも、急性時には明らかに出ていた症状が、慢性化すると穏やかになってしまうため、より一層放置状態を確立してしまうんですね。
という事で、今一度関連のブログやサイトで膀胱炎の初期症状を認識し、放置状態を必ず防げるようにしておきたいものです。
膀胱炎は妊娠中によく発症する疾患でもありますから、その場合は特にそうですが、ただ、医師の診察を受けていれば、放置している訳ではありません。
因みに、腎盂腎炎という腎臓の感染症の最も多い細菌の感染ルートは尿道で、その引き金となるのが膀胱炎です。
その体型や体質から元々尿道に細菌が侵入しやすい上、尿を溜め込みやすい生活環境にある若い女性は特に要注意。
膀胱炎の放置が、やがてそれを乱す事に裳なりかねないという事を考えると、自ずと怖くなる方、いらっしゃいませんか。
そうなると、発熱を伴うようになり、否が応でも疾患を実感される事でしょう。

膀胱炎の放置で一番恐ろしいのが、腎臓への細菌感染の広がりです
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<男性の膀胱炎は要注意 | BLOG TOP | 膀胱炎と下痢の関係>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。