夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


小児ぜんそくの発作

小児ぜんそくを持った子供の親は何かと大変ですが、多くの子供は小学校に入る頃には症状が落ち着いてくると言われています。
これらの小児ぜんそくの要因は日常生活において接触しやすいので、完全に生活から除外することは難しいかも知れませんね。
また、たばこの煙や香水などが小児ぜんそくの発作の原因となるこもあるんです。
どんな場面でも小児ぜんそくの発作に対応できるように、ステロイドや気管支拡張剤と吸入器を常に携帯するのが安心です。
小児ぜんそくの発作が起きた時に親がオロオロしてしまったら、子供は苦しくなる一方ですよね。
今まではアレルゲンを吸い込んだ時だけ小児ぜんそくの発作が起きていたのに、最近は発作が治まっても咳や痰が続く、というのは慢性化している証拠。
そのままにしておくと少し歩いただけでもゼイゼイするようになり、そうなると入院しての治療が必要になることも。
寝具には小児ぜんそくのアレルゲンとなるダニが繁殖しやすいので、ダニ防止カバーを使うなどの工夫が必要です。
小児ぜんそくを発症してしまったら正しい知識を持って適切に対応したいですね。

小児ぜんそくの発作はこのように、いつでも、どこでも起こりえるといえます。
小児ぜんそくの発作は大抵の場合、アレルゲンを吸い込んだ時に起こります
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<小児ぜんそくの原因 | BLOG TOP | 小児ぜんそくの完治>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。