夢のブログ

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


小児ぜんそくの原因

小児ぜんそくの原因は、必ずしも空気汚染だけとは限っていません。
ですから、勿論原因となるダニやホコリ、それにペットの毛に十分注意を払う事は必要不可欠です。
まあそういう事ですから、原因となる環境物質だけを取り除いたところで、めでたしめでたし、小児ぜんそくとはバイバイという容易なものではないという事なんですよ。
ただ、その気道の粘膜が炎症を起こす原因は何かと言うと、やはりホコリなどのアレルギー物質という事になるんだけど・・・。
そして、そのための一環として、まずは気道の粘膜が炎症を起こす原因となるアレルギー物質を出来る限り遠ざけるのが小児ぜんそくの最も身近な対策の一つです。
中には皮膚疾患のように、食べ物に含まれる特定の物質が原因で発症する事もあります。

小児ぜんそくの子供は、呼吸を行う気道の粘膜が敏感で、延焼しやすい状態にあります。
これは食物アレルギーによる小児ぜんそくで、他に、激しい運動をした時に発作が出る運動誘発性のものもあります。
そこで大切になって来るのが、敏感になって、かなり痛んでいる気道をきちんとケアして上げる事です。
けれど、世の中春になれば全ての人が花粉症になる訳ではないように、例えば、ペットを飼っている全ての子供が小児ぜんそくになる訳ではありません。
という事で、関連のブログやサイトを参考に、小児ぜんそくの原因をいろいろ追求し、一つ一つ検討される事が大事でしょう
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<小児ぜんそくと遺伝の関係 | BLOG TOP | 小児ぜんそくの発作>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。