夢のブログ

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


小児ぜんそくの初期症状に注目

小児ぜんそくには激しい呼吸困難や咳き込みが出る前の前兆的症状というのがよく見られます。
そして、こうした激しい呼吸困難や咳の群発という症状は、もうすでに第2段階である中発作に達している事になるんです。
最近は花粉症も低年齢化が進み、保育園や幼稚園に通う子供たちの間にも症状を訴える子が増えていると言われていますからね。
ただ、気をつけないと、実際には花粉症ではなく、小児ぜんそくの初期症状であるという可能性もなくはないと思われます。
しかも、その後程なく本格的に咳などが出だし、風邪薬や咳止めを飲んでも症状が軽減しないようであれば要注意。
けれど、出来れば第1段階である小発作の症状の間に、小児ぜんそくの発症を察知して上げられると、親も子も楽に済んでめでたしめでたしでしょうね。
例えば、夜中にぐずって泣き叫び、中々寝てくれないとか、ミルクを履いて咳き込むなんていう事は、育児においてはごくごく一般的な現象でしょう。
だから、それがまさか小児ぜんそくの初期症状だなんて、思いつきもしないですよね。
特に小児ぜんそくは、その大半が就学までに発症すると言われていますから、一度きちんと検査を受けられる事をお勧めしたいですね。小児ぜんそくの症状として、多くの方が思い浮かべられるのが、ゼーゼーハーハーの激しい息づかいと止まる事のない咳ではないかと思います
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<小児ぜんそくの長期管理治療薬 | BLOG TOP | 小児ぜんそくと遺伝の関係>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。