夢のブログ

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


小児ぜんそくの長期管理治療薬

小児ぜんそくは発作が出た時だけが勝負ではなく、体調の落ち着いている時ほど重要視する必要があるのです。
小児ぜんそくの治療薬には、発作が出た時に取り敢えずそれを抑えるために使う発作治療薬と、毎日定期的に服用する長期管理治療薬とがあります。
実はこの長期管理治療薬、特に症状の軽い場合、なるべく使用しない方向で考えられる事もしばしばなんですねぇ。
服用しなくて済むのであれば、服用しないというのも一つの考え方だとは言えます。

小児ぜんそくの原因はホコリなどのアレルギー物質である事が多いので、それらを出来る限り除去する事で、治療薬を使わない改善を心見られる方も大勢いらっしゃいます。
気になる方は是非、関連のブログやサイトで調べていただいてもいいでしょう。
なので、小児ぜんそくの発作が落ち着いている時ほど、安心せず、こうした治療薬による改善が必要になるのではないかと私は思います。
そして、その一環として用いられるのが小児ぜんそくのいくつかの治療薬です。

小児ぜんそくの治療薬として、現在最も多く使用されている吸入ステロイド薬は、気道粘膜の炎症を抑える作用を持った薬です。
因みに、この吸引ステロイド薬については、我が国では小児ぜんそくのガイドラインでも推奨されている治療薬です。
ですから、やはりこの気道の敏感な状態を治して上げる事も大切なのではないでしょうか。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<女性 ホルモン 剤とは | BLOG TOP | 小児ぜんそくの初期症状に注目>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。