夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


臓器移植の問題

臓器移植というと、様々な問題が取り上げられていて、まず、新鮮な臓器であるかどうかという大きな問題があります。
少しの勇気で救われる人がいる、あるいは、移植した人の体の中で生き続けると言う言葉で、臓器移植は美化されています。
臓器提供本人が同意さえしていれば、脳死状態で臓器を摘出して、臓器移植をすることができます。
しかし、問題は、一般の人が、脳死や臓器摘出について、詳しく理解していないことで、そこに臓器移植の大きな問題が隠されています。
どうせ燃やしてしまうのなら、患者に臓器移植し、人の役に立てばいいというのが、そもそもの考えにあります。
普通、臓器移植というと、死んだ人の体から臓器を取り出して、患者に移植すると考えます。

臓器移植は、そうした美しい言葉が判断の根拠になっているところに、問題が潜んでいるのです。

臓器移植の問題は、生きている人の臓器でないとダメなことで、このことを一般に知らしめると、臓器提供者が減ってしまいます。
実際、脳死臓器摘出の実態は周知されていないのが現実で、そうしたことが、臓器移植の問題をより大きくしています。
移植を受けた患者の方ばかりに焦点が当てられていて、臓器摘出を受けた人は無視されているのが、臓器移植の最大の問題です
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<臓器移植での拒絶反応 | BLOG TOP | 臓器移植に関する法律>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。