夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ストレスは膀胱炎の大敵

しかも、ストレスは一般的な細菌性膀胱炎の要因になる事も珍しくなく、まさに曲者なのであります。
そうすると、そこから膀胱炎になる事もありますし、新陳代謝の低下が発症を招く事もあるんですね。
ですから、やはりストレスを溜めないようにし、膀胱炎を予防する事が大事なんですね。
そのため、性交渉時などの後に膀胱炎を発症する確率は決して低くないのです。

膀胱炎の治療は通常1週間前後だと言われていますが、それは細菌性の場合であって、非細菌性はそうはいきません。
メディカル関連のブログやサイトで膀胱炎について学習し、万全の対策を取るとともに、ストレスを溜めないように気楽に頑張りましょう。
ホルモンバランスの乱れから始まる膀胱炎の多くは非細菌性ですが、これは細菌性以上に完治が厄介だとされています。
何故なら、細菌があればそれを退治する事を考えればいい訳で、抗生物質の投与とたっぷりの水分補給による排尿で十分改善出来ます。
しかし、ストレスによる非細菌性の膀胱炎となると、いろいろな治療法はあるものの、どれも絶大なる効果がそう高くないという現実問題があるのです。
ならば、細菌性・非細菌性膀胱炎、ともに発症する確率は大幅に軽減出来るでしょう。
疲労やストレスが小さければ、体の抵抗力も高く、自律神経が安定していれば新陳代謝もそれなりに機能するはず。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<妊活とは | BLOG TOP | 膀胱炎には水分補給>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。