夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


捻挫治療とは

「軽度の捻挫だろう」と思っても、実際にはしっかりした捻挫治療が必要になる場合もありますので、きちんとした対処をすることが重要です。

捻挫治療の方法は、まず「冷やす」こと。
まず、捻挫治療が必要な状況である「捻挫」は、「靭帯に何らかのダメージを受けている状態」です。
捻挫をすると、患部が熱くなったり痛くなったりするので、捻挫治療が必要になるのです。
「捻挫」というとたいしたことが無い様に思う人がいますが、捻挫は大変な怪我につながることもある捻挫治療が必要なものなのです。
ちなみに、ぎっくり腰も捻挫のひとつですし、鞭打ちも捻挫なので捻挫治療をしなければなりません。
そして、しっかりと捻挫治療をしてもらいましょう。
運動をする人は、自宅に捻挫治療用の湿布を用意しておくと良いかも知れません。
どんな怪我もそうですが、捻挫も早期に捻挫治療をすることが重要。
氷があれば一番ですが、無い場合は水でもいいので「冷やす」ということが何よりの捻挫治療になります。
ここでは、捻挫と捻挫治療についてお話してみましょう。
程度にもよりますが、捻挫治療をした後にクリニックを受診した方がいい場合もあります。
軽い捻挫の場合は「冷やす」などの捻挫治療で大丈夫です。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<手首の捻挫治療 | BLOG TOP | 視力改善のツボ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。