夢のブログ

  • 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


捻挫治療の期間

捻挫治療をどのくらいの長さでしていかなければならないのか。
捻挫治療は、応急手当をしっかりするかどうかで予後が変わってくると言われています。
たとえば、とても酷い捻挫なら捻挫治療の期間も長くなりますし、軽い怪我なら期間は短くて済みます。
靭帯が伸びたままだと関節にも影響が出てきますので、捻挫治療は必ず必要なのです。
気をつけたいのは、捻挫治療を自分で勝手に切り上げてしまうこと。
捻挫治療をしておかないと、捻挫はどんどん悪化してしまう可能性も。
また、捻挫治療の準備をしておくことも重要。
捻挫治療が必要な「捻挫」は、靭帯に何らかのダメージがある状態。
「もう捻挫治療は良いや」と思って勝手に治療をやめてしまう人がいます。
その状態で捻挫治療をやめてしまうと、また怪我をしやすくなってしまいます。
捻挫治療が必要な期間は、「捻挫の程度による」としか言えません。
そして、捻挫治療を始めてからどの程度で治るのか。
捻挫治療の時の為に氷を用意しておくこと、テーピングの巻き方を覚えておくこと、これらはとても大事なことです
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<頸椎の捻挫治療 | BLOG TOP | 捻挫治療後のリハビリ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。