夢のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


捻挫治療で後遺症を予防

捻挫治療は、怪我を治療する為に非常に重要なのですが、その重要性があまり理解されていない様です。
「捻挫」と言うと軽い怪我であるイメージがある様で、「捻挫治療をしよう」と言うところまでいかないこともしばしば。
捻挫には、きちんとした捻挫治療が必要だと言うことです。
こういうこともあり、捻挫治療は本来「きちんと頭に入れておくべきもの」なのですが、どうも「捻挫」と言う怪我は甘く見られがち。
捻挫は靭帯が何らかのダメージを負っている状態ですので、必ずしも「軽い」と言う訳ではないのですが、捻挫治療をしないと悪化することもあります。
しかし、捻挫治療は「怪我を酷くしない為にとても重要なもの」なのです。
捻挫治療をしっかりせず、治りきらないうちに運動をしてしまうことで、靭帯がずっと伸びたままになると、関節にも影響が出てきます。
捻挫は靭帯に何らかの影響が出てしまう症状なので、捻挫治療をしないと靭帯が元に戻らなくなってしまう可能性があるのです。

捻挫治療をしなかった場合の後遺症として、「靭帯が伸びてしまう」と言うことが挙げられます。
大事な試合の前など、捻挫治療をすることができない様な日の前には、テーピングをして怪我しやすい部位を守ることが重要かと思います。
捻挫治療をすることも重要ですが、スポーツをするなら「予防」も覚えておきたいですね。
テーピングを使うことで、個人でもしっかりと捻挫治療をすることができますので、ぜひ使用してみて下さい。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<足首の捻挫治療 | BLOG TOP | 頸椎の捻挫治療>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。