夢のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


善玉菌と腸内細菌

そこで腸内細菌のバランスをうまく保つためには、やはり食事の内容には気を使ってあげて、善玉菌が喜ぶものを増やしたほうが良いのだそうです。
悪玉菌と呼ばれている腸内細菌もなくては困る菌ではあるのですが、善玉菌の数より上回ると、非常に困った事態になってしまうのです。

善玉菌そのものが腸内細菌の中でも一番多いのが腸内環境では理想的なので、やはり食事などで工夫して増やしていきたいものですよね。

善玉菌が多い腸内環境であれば、ちょっと汚ない話になってしまい、恐縮ですが、便やおならがあまり臭くならないのです。
ですから腸内細菌には大きく分けていくと善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌がバランスを持って生きているというわけです。
では腸内細菌の中でも善玉菌を増やし、健康でしかも美肌でいたいのであれば、発酵食品を食べたり、食物繊維をたっぷり摂ることが必要です。
この発酵食品はそのまま善玉菌として腸の中に残り、食物繊維はエサになり、どんどん数を増やしていってくれるというわけです。
この日和見菌というのは名前の通りに、善玉菌が多ければ、そちらの働きをしますし、悪玉菌が多ければ、その働きをします。
便やおならがひどく臭いときには、腸内細菌のバランスが崩れ、善玉菌が減り、悪玉菌が増えている証拠になるのだそうです。
なお筋肉や肌、爪、髪のためにたんぱく質は不可欠な栄養素なのですが、摂り過ぎになってしまうと、善玉菌よりも悪玉菌が増えてしまいます。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<フコイダン | BLOG TOP | 善玉菌の体験談>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。