夢のブログ

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ホスファチジルセリンの構造

ホスファチジルセリンはリン脂質と呼ばれる物質の一種らしいんだけど、じゃあ、そのリン脂質ってどんな脂質なのって事になりますよね。
どうやらリン脂質っていうのは、リン酸とアルコールが脱水縮合した有機リン化合物、リン酸エステルを含む脂質の事らしんですね。
つまり、多くのリン脂質はホスファチジルセリンと同様、ホスファチジなんとかという長ったらしい名前が付けられているようです。
この辺りに、リン脂質の構造の形式みたいなものが隠されているんだろうけど、理科の苦手な私にはてんでさっぱり。
そういうサプリに頼りすぎて、ついつい過剰摂取になりがちな人も結構いるだろうから、そういう意味でも、ホスファチジルセリンのサプリは安心なんですね。
ホスファチジルセリンについては、健康関連のブログやサイトに沢山情報掲載されています。
でもって、そのリン脂質のうちホスファチジルセリンが湿る割合は平均3パーセント。
当然の事ながら、ホスファチジルセリンの構造なんかも全く解りません。
勿論、その構造を事細かに説明してくれているブログやサイトも一杯ありますよ。
まあ、実を言うと、それも最近のホスファチジルセリンブームで知ったんですけどね。
それもまた、今、ホスファチジルセリンが人気を博している理由の一つのようです。
なので、ホスファチジルセリンには、構造上の副作用というのも、全くと言っていいほどないそうです。
幸いにも取り過ぎに夜副作用がない訳ですから、大豆製品をしっかり食べながら、サプリメントを服用してもいいでしょう。
私は理科が苦手だからうまく理解出来ないけど、ホスファチジルセリンの構造も、解る人にはちゃんと解るんだろうなぁっと思いますね
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<ホスファチジルセリンの細胞膜を作る成分 | BLOG TOP | ホスファチジルセリンとは>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。