夢のブログ

  • 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ホスファチジルセリンの細胞膜を作る成分

まあ、すぐそうやって諦めちゃう根気のなさも、細胞膜のバランスが悪い証明の一つなのかも知れませんけどね。
だって、いきなりホスファチジルセリンは細胞膜を作るのに必要な物質なんだって言っても、よく解んない人もいるじゃないですか。
ようするに、痴呆症やうつ病を予防したり改善したり出来るらしいって事でね。
取り敢えず、大豆を食べてホスファチジルセリンを増やして、ボケ防止に努めましょう。
特に、ホスファチジルセリンは脳の細胞膜を形成しているリン脂質の約1割を占めているとかで、すっかり人気の的になっています。
そうなると、ホスファチジルセリンそのものが厄介な存在になって来て、どうでもよくなっちゃいます。
どこの会社の出してる、なんていうサプリメントだったかは忘れちゃいましたけどね。
勉強は嫌いでも食べる事は好き、そんな人は大勢いますからね、私みたいに。
昨今は、すぐにプッツンしちゃって、とんでもない事をする若者が多いですからね。
ただ、ホスファチジルセリンを具体的に勉強したいとは、今は思わないんです。
だったら、ただ単純にホスファチジルセリンは頭を活性化させるために必要なんだ。
確かに、脳の細胞膜は、私たちが平穏無事な日常生活を送るための大きな武器という事になります。
もし、脳の細胞膜とかについて調べ始めたら、それはすごい奥深いテーマになるし、はまっちゃいそうな気もするんですよね。
こんな安易な考え方でホスファチジルセリン対策に取り組むのは、やっぱよくないですか
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<ホスファチジルセリンの摂取量 | BLOG TOP | ホスファチジルセリンの構造>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。