夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ホスファチジルセリンと大豆

でも、脳の働きを活性化させ、情報処理や感情コントロールをきちんと行なうためには、切らす事の出来ない栄養素でもあります。
勿論、大豆にホスファチジルセリンが含まれているのは確かだし、豆類は最高のヘルシーフーズ。
少ないと思われるかも知れないけど、大豆の中には、いろいろな栄養素が含まれています。
故に、ホスファチジルセリンのように過剰摂取による副作用の一切ない成分ばかりではないんですよね。
その点、サプリメントなら、毎日定期的に取る事によって、確実に節酒出来ます。
ホスファチジルセリンは、必須アミノ酸と同じで、体内合成出来ない栄養成分。
だって、書いてある、でもホスファチジルセリンは大豆で取るより、やっぱサプリメントで取るべきでしょう。
つまり、ホスファチジルセリン・サプリメントの多くは、大豆由来の健康補助食品という事になります。
ですから、皆さんよく、必須アミノ酸、必須アミノ酸っておっしゃいますが、このホスファチジルセリンだって、同等に重視しなくちゃいけないんですよ。
だから、正直、大豆をバンバン食べてホスファチジルセリンをどんどん補充するというのは、ちょっと難しいんじゃないかなぁっと思う訳ですよ。
この間、どこかで見掛けた大豆を食べようという広告を読んで、私はそう思いました。
ね、そういう面でも安心して日々の生活に取り入れられると思いませんか。
昔は牛さんの脳から抽出した動物性のホスファチジルセリンをサプリの原料にしていたそうですが、狂牛病騒ぎをきっかけに、大豆に変わったそうです。
納豆やお味噌汁、豆腐などなど、大豆を使った食事は、毎日大いに取るべきだと思いますよ
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<ホスファチジルセリンの副作用 | BLOG TOP | ホスファチジルセリンの摂取量>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。