夢のブログ

  • 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ホスファチジルセリンの副作用

アミノ酸の中には、一日の摂取量が決められていて、取りすぎは禁物という物質もあります。
気を付けないと、食品は栄養素がオンリーワンという事は絶対ありませんし、複数の栄養素を配合しているサプリメントもありますからね。
今をときめくホスファチジルセリン、その話題は底を尽きませんよ。
ただ、近頃ブームになっているホスファチジルセリン配合のサプリメントを取り入れようと思うと、やはり毎日の摂取量や副作用は気になります。
でも逆に、そういう安心出来そうなホスファチジルセリン配合サプリは、さっきも言ったけど、ちょっと高価です。
この位が目安であるという書き方をしているサプリメントや情報が殆どです。
そこまでいろいろな物質が結合しているとなると、当然、ホスファチジルセリンの副作用というものが気になりますよね。
ですから、実際問題、痴呆症の方や鬱状態の方は、やや多めに、一日当たり300ミリグラム程度まで節酒した方がいいとも言われていますね。
例え、ホスファチジルセリンそのものには取り過ぎによる副作用はなくても、他の栄養素に上限が定められている場合があります。
それでも、どうしても気になるとおっしゃる慎重派の方は、健康関連のブログやサイトから、念入りに情報収集されるといいでしょう。

ホスファチジルセリン配合のサプリメントには、ホスファチジルセリンと類似のリン脂質であるレシチンとを併合したものがいくつかあります。
他にも肉や卵に含まれているとは言われていますが、その含有量や動物性脂肪の取り過ぎを考えると、ホスファチジルセリンを取り過ぎる方が難しいのかも知れません。
後、いささかエクスペンシブではありますが、ホスファチジルセリンオンリーのサプリも結構あるみたいですね。
そんな中、ホスファチジルセリンの一日の目安摂取量は100ミリグラムから200ミリグラム。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<ホスファチジルセリンの参考文献 | BLOG TOP | ホスファチジルセリンと大豆>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。