夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ホスファチジルセリンの参考文献

ただ、体内合成が非常に難しい物質であるため、食事やサプリメントによる節酒が必須とされています。
次からは、そういう事もよく考えてレポートのテーマは選ぼうと心に決めたのであります。
特に、医療的観点からホスファチジルセリンをとらえた文献は、イングリッシュで書かれていたりもするじゃないですか。
というところまでは良かったんだけど、この先が全く書けないんですよね、宿題のホスファチジルセリンに関するレポート。
ただ、そういうホスファチジルセリンの特徴を文書にするっていうのがね、出来なくて困っているバカな女子大生です。
ホスファチジルセリン自体の構造とか、働きとかは、そこそこちゃんと解ってるんですよ。
ああ、神様、お願い、私の脳細胞幕をもっともっと活発にして、このホスファチジルセリンのレポートが書き上がるように。
それらを読んで、自分の言葉で文章にまとめなきゃいけない、それが私には、一番苦手な作業なんですよねぇ。
ホスファチジルセリンって随分長ったらしい名前でしょう、10文字もあるから、随分文字数が稼げるだろうなぁっとおもったんです。
でも、読めば読むほど深みにはまって、今やすっかり身動き取れない状態。
もうお手上げ、こんな事なら、素直にアミノ酸でレポートを書く事を選択しておけば良かったと後悔しています。
しかも、このホスファチジルセリン、神経伝達をコントロールする作用もあるとか。
という事で、今夜も明日も明後日も、ホスファチジルセリンに関する文献との格闘は続きそうです。
せっかくなので、もっと軽い感じのブログやサイトも参考にしてみようかなぁっとは思っています。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<ホスファチジルセリンのうつ病に対する効果 | BLOG TOP | ホスファチジルセリンの副作用>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。