夢のブログ

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ホスファチジルセリンのうつ病に対する効果

ホスファチジルセリンを豊富に取るためには、大豆や卵、鶏肉や豚肉などを出来るだけ食卓に乗せればいいのね。
何、ホスファチジルセリンって、思わず尋ねた私に向かって、母はこう言いました。
私だって全然解らない、解らないから困ってるんじゃない、あんたも、ちょっとは協力してよね。
副作用がなければ、本人も家族も安心して父に協力して上げる事が出来ます。
な・なんと、脳の神経細胞膜においては、全体の10パーセントといいますから、約1割を占めている訳ですね。
昨日、仕事から帰ったら、なにやら母が一人でブツブツ言いながら、一枚のチラシを読んでいました。
さすがと言えば流石なんだろうけど、なんでドクターって、あんな難しい説明の仕方するの、もっと解りやすいホスファチジルセリンの解説ないかなぁ。
そして、父を苦しめているうつ病との関係についても、勉強し始めました。
すると、ホスファチジルセリンというのは脂質の一種なんだけど、脳の細胞膜を形成している主要成分の一つであるという事が判明。
でもって、通常ホスファチジルセリンは、そのリン脂質の中の3パーセント程度なんだけど、脳細胞に関してだけは特別なんだなぁ、これが。
そこで、母を私の部屋に呼んで、ホスファチジルセリンが何か。
そして、ホスファチジルセリンについても、詳しく書かれているブログやサイトが一杯ありました。
どうやらうつ病患者である父には、この脳神経細胞の活性化が重要なのは確か。
ならば、ホスファチジルセリンの補充が必要なのも間違いないようです。
私もそのプリントを見せてもらって読んだけど、何がなんだかさっぱり解んない。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<ホスファチジルセリンのサプリメント | BLOG TOP | ホスファチジルセリンの参考文献>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。