夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


にんにく 卵黄のコレステロール

だから、レスチンと脂質アリシンが同時に体内に取り込めるにんにく 卵黄は超グッドだという訳です。
そんなにんにく 卵黄が今、アメリカで注目の的となり、徐々に人気を博していると言います。
しかも、脂質アリシンは超強力な抗酸化作用を促しますから、体内の様々な部位のアンチエイジングにも一役買ってくれます。
という事は、当然の事ながら、にんにく 卵黄にもアリシンとビタミンB6はしっかりと含有されていますよね。
つまり、にんにく 卵黄の一番の効果効能は、この相乗効果の2乗によるコレステロールの低下作用と言っても決して過言ではないでしょう。
そうなると、血液中のブドウ糖を処理してくれるため、血糖値が下がる可能性が高いところからも、にんにく 卵黄は人気を博しているんですね。
とは言っても、この脂質アリシン、別ににんにくに含まれている栄養素でもなければ、卵に含まれている栄養素でもありません。
にんにく 卵黄には、言うまでもなく、にんにくと卵黄のいい部分が沢山入っています。
そして、にんにくと卵黄を同時に摂取出来るという非常に大きな利点があるのです。
にんにく 卵黄に興味はあるけど抵抗もあるとおっしゃる方の多くは、コレステロールの過剰摂取を気にされるようなんですよね。
でも、厳密に言うと、卵、それも特に卵黄部分に多く含まれているレシチンという成分は、私たち人間の細胞膜の一部になる栄養素で、コレステロールを下げる働きを持っています。
ですから、最初からにんにく 卵黄に含有されている栄養成分でもないんですね。
というのも、アメリカが世界を代表する肥満王国&糖尿病王国であるからに他なりません。
これだけでも糖尿病患者がにんにく 卵黄を服用するのは非常にグッドな訳です。
もともと長年糖尿病治療ににんにくを用いていた欧米諸国では、そのにんにくの効果をより上げるにんにく 卵黄がドクターたちの人気の的なのです。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<マッサージ クッションとは | BLOG TOP | にんにく 卵黄のCM>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。