夢のブログ

  • 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


強度近視用メガネ

しかしながら強度近視に対応しているメガネというのは、レンズの部分が分厚くなってしまい、かなり重いメガネになってしまうことが多いのだそうです。
またファッション的にも強度近視のために作られているメガネは実用一辺倒になりがちなので、好まれていないようなのです。
どうしてなのかといいますと、メガネを作る技術が向上していき、強度近視のために作られているメガネであってもレンズを薄くすることができるようになったからです。
ですからおしゃれなメガネフレームを強度近視の方も楽しめて、しかも鼻や耳に負担がかからなくなってきたのです。
いままでは強度近視の方がメガネをお作りになるときはフレームも限られていたそうですが、レンズの軽量化によって選べるフレームも増えたそうです。
レンズを強度近視になっている目の視力を矯正できる上に薄く軽くできたということは、メガネの進歩といってもいいことでしょう。
またおしゃれの意味ではなく、実用としてもメガネが軽くなったことで、強度近視の方の負担も少なくなってきたようです。

強度近視のために作られているメガネはレンズの度が分厚く、メガネそのものが重くて負担になっていましたが、最近は改良が進んでいます。強度近視になってしまった場合には、視力を正常に矯正するためにメガネをかかすことができないですよね。
こうしたことからもおしゃれなフレームを選んで、いわゆる「アイウェア」という呼び方もなじんできたメガネが作れるようになっているのが強度近視です。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<強度近視とオルソケラトロジー | BLOG TOP | 強度近視と老眼>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。