夢のブログ

  • 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


若年性の脱毛症

脱毛症には何種類かのタイプがあると思うが、主なモノに若年性や男性型、ストレス型や疾病型などがあろう。
それぞれの原因を突き止めることが、脱毛症を治す第一歩であろうが、何の前触れも無く、ある日突然に頭部などにハゲができているので、当の本人はかなりショックのはずだ。
脱毛症の原因が特定の疾病と解った場合は、その疾病を治すことが優先される。
若年性脱毛症は原因を知り、正しい認識で対応していけば、必ず完治できるのである。
「免疫異常」や「自律神経障害」、「内分泌異常」などが、脱毛症と密接に関係している疾病として知られている。
現在は脱毛症の原因やメカニズムが解明されてきて、うつる事はないのは周知の事実である。
私が小学生の頃も、学校に脱毛症の子供がいた記憶があるが、その頃は「10円ハゲ」とか「5円ハゲ」とか言われて、本人もさぞ辛かっただろうと思う。
昔は、若年性脱毛症のメカニズムが解明されていなかったので、「脱毛症はうつる」などと言われて、脱毛症の子は肩身の狭い思いをしただろう。
若年性脱毛症は、青春の想い出と言うには厳しい出来事である。
実際に小さな幼児の、若年性脱毛症が増えているという報告もあるようなので、脱毛症の原因がストレスであることには、説得力がある。
疾病の疑いが無い場合は、ストレス型の脱毛症の可能性が出てくるが、原因がストレスから来ていると特定できれば、対処法も決まってくるだろう。
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<小児の脱毛症 | BLOG TOP | 円形脱毛症 >>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。