夢のブログ

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ドリンク剤と医薬部外品

ですからドリンク剤は医薬品、医薬部外品といった分類に関らず、手軽に日々、飲むんでいる方もいるでしょう。

ドリンク剤を選ぶときは、医薬部外品、医薬品、清涼飲料のどれに分類されるのか、確かめてから飲んでいる方は少ないでしょう。
清涼飲料水に分類されているドリンク剤は、効能がビンに記されてはいません。
疲れを感じている方がドリンク剤を購入するときは、医薬部外品、医薬品に記されている効果を見て、疲労回復と記されているものを購入すると思います。
肌荒れを気にしている方がドリンク剤を購入するときは、肌荒れに効果があると記されているものを購入するでしょう。
また、ドリンク剤を飲むときは、カフェインにも注目すると良いでしょう。
そして、薬を常用している方がドリンク剤を飲むときは、医薬部外品、医薬品に関らず、配合されている成分に注意しましょう。
飲んでいる薬に含まれている成分がドリンク剤にも含まれていると、医薬部外品、医薬品に関らず、過剰摂取の原因になります。
ですから、医薬品となっているドリンク剤も、医薬部外品の栄養剤も、そして、もちろん清涼飲料水となっている栄養剤も、コンビニやスーパーで購入することができます。
ドリンク剤を購入するときは、今の自分を冷静に分析し、どのドリンクの効果がありそうなのかきちんとビンの記載事項を見て、購入することが重要になると思います。
医薬部外品、医薬品でカフェイン入りのドリンク剤を飲んでしまうと、夜、眠れなくなるときがあります
関連記事
  1. 日記
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<ドリンク剤の様々な効果 | BLOG TOP | ドリンク剤のランキング>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。